ごまかしの繰り返し

人は、どこか足りない感覚を, 気づいているか、いないかに関わらず

感じている。

その証拠に、常に今よりも良い状態を求めている。

今よりも、いい環境。

今よりもいい関係。

今よりもワクワクする感情。

今よりもたくさんのお金。

今よりももっといい生活。

全部、今よりもいい何か。

この何かが変わるでけで、「今よりもいい・・・」というエネルギーは一緒。

そして、この裏には、「今が十分でない」が隠れている。

でも、人は、「今が十分でない」を認めたくない。

または、一生懸命「今よりもいい・・・」を手に入れることに集中することで

「今が足りない」を見ないように、気づかないように、感じないように

一生懸命ごまかしているの。

「今が足りない」は、とっても居心地が悪いから。

その居心地の悪さを深く感じる前に、どこかに逃げようとするの。

「今よりもいい・・・」が手にはいれば、今が十分でないはきっと消えるから

それまでは、もう少しの間横に置いておこう。とこの感覚に蓋をするの。

見ないようにするの。認めたくないの。

でも、このごまかしは、続けようとすれば一生死ぬまで続けられる。

次に何かを求めることで、不満足をごまかすことは、永遠に続く。

ただ、そこには永遠の満足はおとづれない。

本当は、行為者はいないけど、

誤魔化すことをやめた時、真実に向き合った時、苦しみをダイレクトに感じるかもしれない。

恐怖が襲ってくるかもしれない。

ただ、ごまかし続けていること自体が、苦しみだったと明らかになるかもしれない。

誤魔化すのをやめた時、清々しい明らかなあるがままの世界が現れるかもしれない。

so much love from love

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

eighteen − 11 =