永遠に満足しない幻想のわたし

幻想の私は、何を手に入れても、満足しない。

幻想の私には、永遠につづく満足は永遠に訪れることはない。

なぜなら、幻想の私は、満足しない性質をもっているのと、何時も変化のなかにいて、

二元の現実に、変化し無いものは存在しないから。

毎日いろいろなことが自分に起きてくるから、次から次とそれをこなしていく。

そして、何時もこの変化によって翻弄それ続けている。

大変なことばかりではない。エキサイティングで、ワクワクする出来事も沢山起きてくる。

そして、一つが終わるとまた次のエキサイティングに向かって走り続ける。

個人差はあるにせよ、次の喜びを求めてうごいている。

これが、表面的幻想のわたしのメカニズムであって、良い悪いの問題ではない。

ただ、幻想の私には、永遠に求める満足は訪れない。

それは、幻想の私が求める満足は、私のものになりえない、個人的でないものだから。

私の幸せを求める個人にとって、個人的でない満足は意味が無いからである。

そして、一番難しいのは、追い求める前にすでに手にしているからかもしれない。

すでにたどり着いている、個人的でない永遠の満たされた世界。

love from love

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

nineteen + seventeen =