愛からのメッセージ

昨日、一昨日と東京サイレントリトリートが行われました。

参加した人のうち1人以外全員が、サイレントリトリートの

方が、いつものサットサンより気持ちよかったと言ってたよ。😊

IMG_6596

 

そして昨日やってて思ったのは、「サイレントリトリート」じゃなくて、

message from love in Silent  「愛からのメッセージin サイレント」

か bathing in love 「愛のお風呂に浸かる」

の方があっていると思った。(笑)

サイレントの中で、ここからメッセージが出てきて、

またサイレントに自然と戻って行く

というのが、繰り返されました。

本当に気持ちよくて、みんなで愛のお風呂に浸かった感じ。

(本当はどこにいても愛の中!)

再来週の福岡も楽しみ😊

 

ノンデュアリティのメッセージは、概念、理解ではないの。

理解を超えたところをさしたメッセージ。

そして、エネルギー的なこと。

なぜなら、みんなが概念を超えたところで、

知っていることのシェアーだから。

さらに究極なのは、みんなを超えたメッセージだから。

 

 

ここでは、プライベートトークみたいに

二元の上でメッセージを伝えて、みんなが楽になる

お手伝いをすることもあるけど、究極のメッセージが

唯一さしていることは、概念の先のナチュラルな世界。

それに、みんなが共鳴する感じ。

だから、サイレントが気持ちよく感じるのだと思う。

 

そしてね、もともとみんなが、みんなだと思っている

存在は、みんなじゃないってことを思い出すメッセージ。

だから、このメッセージに惹かれているのは、自分を超えたところ

で、それを何かが知っているから。

 

菜穂は2年間くらい、トニーが何をいっているかほとんど

わからなかったのに、東京からロンドンまで彼に会いに行っていた。(笑)

このメッセージには、そういう引力があると思う。

 

ほとんどの人は、苦しみ(居心地の悪さや、落ち着きのなさ、

どこかにある足りない感覚)に気づいていない。

だから、手軽に手に入る何かでそれを埋めようとしたり、

自分がもっと良くなるストーリーを作ることで、

その感覚を埋めようとする。

だから、今よりもいい何かが欲しい。

 

そして、表面的に菜穂がしていることは、

当たり前になりすぎて、気づかなくなっている

分離が生む違和感(苦しみ)のサイクルを指摘して、

すでに知っている、一番ナチュラルな世界を

思い出すきっかけを、繰り返し指し示すこと。

だから、いつも同じことしか言っていない(笑)

 

all  you ever long for is not something you haven’t got yet..

it never lost….you are just forgetting it.

 it is everything and nothing…..

世界中が求めていることは、まだ手にしていない何かではないし、

今いる場所以外のどこかに向かうことではない。

ただ、忘れているだけで気づかない、すでにあるすべて。

love from love

 

 

 

IMG_6632

昨日は終わってから、みんなでバーに行って今度は、

シリルが一生懸命パリ事情と恋愛について

熱く語っていた。(笑)

2日間楽しかったー!!

みんなありがとう❤️

IMG_6662

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

17 − 15 =