愛と恐怖

人は、どこかに恐怖を抱えている。

 

なぜなら、「わたし」という存在は、完全でない、

 

周りから影響を受ける、いつ危険にさらされかねない

 

不安定な存在だから。

 

いつ、どんなことがその体に起きるかわからないし、

 

次にどんなアクシデント、不幸と呼べるストーリーが

 

起こるかわからないから。

 

もちろん、楽しい、エキサイティングで、喜びとなるストーリーも沢山湧いてくる。

 

しかし、それらは長くは続かない、永遠ではない経験だから、完全な満足はない。

 

そして、これらをどこかで感じながら、わたしという存在は毎日を生きている。

 

だから、「恐怖」は何かが起きて時に浮上してくる感情であって、この原因を

 

根底にわたしという存在は抱えているからである。

 

つまり、恐怖は起きた経験がきっかけになっただけで、

 

どこかで誰もが抱えている不安、不安定な思いが浮上したに過ぎない。

 

そして、この根底に抱えている不安や不安定な思いは、幻想の分離の存在

 

にのみに起き得る。

 

なぜなら、実際は、全ては明らかであり愛でしかないから。

 

恐怖も究極の愛の表現に過ぎないが、恐怖を二元の現実で現実として捉えた時に、

 

愛と恐怖は同時に存在し得ない。

 

人々は、表面の問題にだけ目を向けるが、

 

実際は分離からくる根底にある恐怖から

 

様々な個人的問題は現れている。

 

love from love

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

nineteen − 2 =