ノンデュアリティと苦しみのメカニズム

 

ここから出てくることは、いつも二つのことだけ。

 

一つは、ノンデュアリティ。それは、そのままの世界の描写。

新しい教えでも、学びでも、マニュアルでもない。

 

そして、このメッセージが唯一指していることは、

二つない。全てから独立した存在、独立して何かを

している存在はないということ。

つまり、苦しんでいる存在はもともとないということ。

とっても簡単で明らかなこと。

 

そして、もう一つ、人間の苦しみのメカニズムについて。

それは、苦しみのないナチュラルな現実とは反対に、

人間のあり方そのものが苦しみと感じることに繋がっているから。

だから、みんなが会場にきて楽になるのは、苦しみのないナチュラルな

現実に触れて、気づかずに違和感を感じている収縮から解放され、

ナチュラルなあり方が一瞬現れたりするからだと思う。

 

 

ただ、人々が、厄介に感じることは、このメッセージは理解ではないということ。

そして、行為的ではないということ。

人間は、全て自分の行為でことが起きていると感じている。だから、

行為的でないノンデュアリティのメッセージに違和感と戸惑いを感じる。

しかし、雨が降るのも、太陽が出るのも、お腹が空くのも誰かの行為では全くない。

実はとってもとっても明らかなこと。

しかし、自分の力で全部やっているということろは、人間にとって疑いようもない事実。

でも、それは脳が与えている印象でしかなければどうだろう?

全てはただ起きていたらどうだろう?

 

ここからいつも同じ言葉しか出てこないのは、

明らかなことだけをいっているから。

何かを信じて、思想を話しているわけではない。

全てはいつも明らかで、何も隠れていないから。

love from love

 

 

☆お知らせ☆

来週末京都の大きな禅寺東福寺退耕庵さんで

2つ日間のリトリートが行われます!👏👏👏

前日のプライベートトークは、告知する前に

埋まってしまったようですが、二日間の

リトリートはまだ空きがあるようです!

初日は、普段なかなかは入れない、

禅堂などを見せていただけたり、

二日目は、京都三千院門主の祖門さんと

コラボ講演会で、ノンデュアリティのメッセージを

わかりやすく仏教の観点から解説していただきます。

そして、そして、畳に直に座ってのサットサン!!

海外のサットサンでは良くあるのだけど、

日本では今回が初めて。みんな、リラックスして

疲れたら横になって聞いてももちろん大丈夫だよー❤️

また、コミニティーメンバーとの食事会

meet nahoは、土曜日の夜を予定しています!

とってもスペシャスな企画が盛りだくさんな

京都になりそうで、とても楽しみです!

詳細とお申し込み、はこちらです。

Can’t wait to see you all ❤️

much love ❤️

 

imgres

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

12 + 9 =