全肯定の現実

私たち人間が生きている現実は分離の現実。

だから、全てが良い悪い、正しい間違い、

優れている劣っている、で判断される。

 

でも, これらの判断は、一つのことの側面でしかない。

つまり、どちらかの側面が言えるということは、

同時に逆の側面が存在していることが言える。

つまりどちらかだけは存在しない。

 

もともと分離のない、比較の対象が存在しない

世界は、すでに満たされている。

いつもすべてが完璧だという言葉がここからでる。

もともと対象のない現実に、いいも悪いもない。

 

もし、メッセージが何かを否定しているように

聞こえたならば、それは単に捉えた存在の受け止め方。

(それさえも完璧だけど)

つまり、何が起きても間違いはない。

ノンデュアリティ(二つない)=全肯定

life can’t go wrong whats so ever!!

love you all

 

Office Naho Blog

naho’ call

Naho’s instagram

IMG_4366

IMG_4310 2

One thought on “全肯定の現実

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

16 − 4 =