ノンデュアリティ

Good morning beloved!

 

おはよ♡

 

先日、菜穂の一冊めの本「すでに愛の中にある」の出版社の社長、

今井社長とお会いしていました。

 

すでに愛の中にある

affiche livre 1

日本でノンデュアリティのメッセージをシェアーすることに

なったのも、初めてのサットサンの主催も、阿部さんにお会い

するきっかけも、今井社長でした。(表面的にね)

(ちなみに、干支も一緒。笑)

その頃からお世話になっています!

 

 

そして、数日前今井社長から、ナチュラルスピリットが出版

している本を送っていただきました。

そして、その内容がノンデュアリティといって送られてきたのですが、

ノンデュアリティではなかったので、(今井社長ごめん! 笑)

返信のメールの一部を、みんなにもシェアーします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ノンデュアリティ難民ができてしまう理由がわかりました。(笑)

いつも言っているのですが、誰かが全体になるのではなく、誰かが全体だと気づくことでもなく、

気づける誰か(何か)は初めからない。初めから分離はない。というのが、ノンデュアリティ

です。

ただ、私も「人間の苦しみのメカニズム」「私のキャラクター」について語ることはあります。

そして、「わたし」がメッセージに触れていくことで、楽になっていくことは、表面的には起きて

きます。

ただ表面的で、誰かの変化は、究極のメッセージが指していることではありません。

なぜなら、自然と表面的に起きてくるだけで。そんな誰かはいないのですから。

そして、これはまだ夢の中のお話です。

ただ、私というキャラクターは、自分の幸せを求めるエネルギーなので、

ここがなかなか聞こえてこないのです。

真に求めていることは、初めからない、誰かのものにはならない、

「すべて=愛」です。 

「私という檻」をよくすることは、居心地の良い檻を造っているような

もので、居心地の悪ささの元になっている、檻は変わらないのです。

ただ、私は、すべてのあらわれですから、現れ自体は愛そのものです。

ただ分離の存在にはそのことは、真の意味では知り得ないのです。

なぜなら、分離が消えた時に、初めて真の愛が現れるからです。

ただ、わたしという檻は幻想です。

誰かが、何かを手に入れるのではなく、全てを失った時に

これが自然と明らかになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールから抜粋

 

世界中が求めているのは、個人という枠を超えたはじめから満たされた世界

love you all ♡

 

 

Naho

 

 

❤️ベトナムツアー❤️ ← ラスト一席!

 

❤️ノンデュアリティコミニティ❤️

※ コミニティは、月1オンラインサットサン、

サットサンの動画 etc…に加え、週一でライブ配信中!

いつからでも参加できます♡

IMG_2230

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

one + sixteen =