「今」という概念

私たち人間には、当たり前に時間という概念の中で生きている。

 

概念だけでなく、感覚的に時間の中を生きているように感じている。

 

そして、その中で一番重要になってくるのが、「いま」

 

「いま」という キーワードは、精神世界でもよく使われる言葉。

 

それは、「いまに集中しよう」とか、「いまを感じよう」

 

「いまにいる」とか。。。

 

ここで言わんとすることは、よくわかる。

 

夢の現実から、起きていることへ引き戻そうとする、誰かに対する提案。

 

そして大抵、一生懸命たどり着かない、「いま」に向かうことを試みる。

 

 

さらに、「いま」にいない「わたし」は、まだ辿り着いていないと思う。

 

つまり、「いま」にいようとした時点で、さらなる分離の確認が起きている。

 

「いま」という何かと「わたし」という何か。

 

でも、「いま」を無時間と取るなら、無時間の外にある存在は元々ない。

 

すでにたどり着いているのに、これ以上、「いま」にはいれない。

 

そして、「今」も、「わたし」もない!

 

表面的に起きていること(同時に何も起きていない)が全て。

 

すでに完成された二つない無限。

 

これから何かはいらないよ。☺️

 

already complete !

 

リラーックス!!!!guys ☺️

 

love you all  ❤️

 

Office Naho Blog 更新

 

51uiuf7eril-_sx351_bo1204203200_

 

images

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

two + 2 =