憎しみ

怒りは、瞬発な感情。憎しみは、ストーリーを真実として受け止めた、時間の中の感情。

主体客体の現実には、憎しみ生まれることがある。それは、他人の行動がその人の自由意志から

きていると信じているから。そして、他人の行動のせいで自分が犠牲になったと感じるから。

でも、自由意志と選択はどこにも存在しない。

世界中の人の行動が、たったひとつの同じ空間から現れていることを見たとき、

憎しみという感情は、姿を消すだろう。。。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

8 − seven =